Search

プラント・工場作業者には必須。安全に業務を取り組むための体調管理・健康のポイント (⑤喫煙について)


皆さんこんにちは!!

長田工業所の古畑です!!

9月になりこの月になると恐れていることが私にはあります…

それは「健康診断」です…

去年はあまり結果もよろしくなかったので今年こそは!!と思っています(笑)


なんとかいい結果が出せるよ頑張ります!!


さて今回も前回のタイトル同様「安全に業務を取り組むための体調管理・健康のポイント」のお題を進めさせていただきます!!今回は「喫煙について」というお題でお話させていただきます。


 

主流煙と副流煙

皆さんこんな話を聞いたことはありませんか?喫煙をすると2種類の煙が発生する

それが主流煙副流煙です。主流煙は喫煙者が直接吸う煙のことに対して副流煙はたばこから立ち上って空気中を浮遊している煙の事です。

しかも2種類の煙にはまた大きな違いが…

 

危ない!!副流煙

実は副流煙の方が有害物質であるニコチン、タール、一酸化炭素が主流煙より倍以上含まれています。なので喫煙をする際周囲の状況を確認してみましょう。

近くに妊婦さんやお子さん、その他体の弱い方がいた場合は喫煙を控えましょう。


ここで豆知識です…ニコチンは体内に入るとコニチンという物質になるそうです…

 

たばこと寿命

上記の画像にも記載されているようにたばこを1本吸うと寿命が10分縮むといわれています。それと同時に喫煙者の寿命はたばこを吸わない人に比べて10年寿命が短いという結果も出ています。いかがでしょうか。1本で10分寿命を無駄にするより10分長く生きてみたいと思いませんか?私は100歳まで生きたいです!!(笑)

 

まとめ

私が子供の頃は公共交通機関の中、例えばバスやタクシーの中でも全席普通にタバコが吸えましたし、吸い殻入れが座席についていました。それに比べると今の時代は制限が厳しくなりバスは禁煙ですが電車ですと喫煙ルームがある車両も増えてきました。

煙草を吸うにもマナーが大切です。喫煙するのにふさわしくない場所での喫煙。道端にポイ捨てしたりなどといった行為は控えましょう!!


今日も一句まとめてみました。今煙草を吸っている場所は大丈夫ですか?周囲の人に支障をきたしていないかを確かめてから喫煙しましょう。


いかがだったでしょうか!!ここ最近急に涼しくなったりもしています。

気温の急な変化によって体調崩される方もいらっしゃると思いますのでくれぐれもお気を付けください。


私は今年こそ健康診断異常なし!!を今月の目標として頑張っていきます!!(笑)

それでは次回もお楽しみ~!!

11 views0 comments
お問い合わせ