Search

プラント・工場作業者には必須。今さら聞けない『報連相』のポイント(③報連相の事実整理)

Updated: Sep 2


はじめまして!!本日よりこちらのブログを担当させていただきます

株式会社長田(おさだ)工業所で主に営業をしています 古畑(こばた)と申します!

入社1年目でまだまだ分からないことばかりで未熟な部分も多々ありますが、よろしくお願いいたします!!



このブログでは、リアルな改修工事などでのハードの改善ではなく、作業する人間の考え方や知識など、ソフト部分について当社で実践していることなどをお知らせいたします。


前回は「報連相」の意義ということで報連相をすることでどのような効果があるのかについてお話させていただきました。



今回は「報連相の事実整理」ということで、報連相をする際に具体性を持たせるためのポイントをまとめさせていただきます。



報連相の事実整理


「報告」「連絡」「相談」を行っていく時に大事なポイントは事実をあるがままに伝えることです。事前に整理したうえで行いましょう

特に5W2Hでまとめると具体性がでますし必要な情報もわかりやすく伝えられます。





5W2Hとは?


5W2Hという言葉が先ほど出てきましたが、5W2Hとは物事を正確に伝える際に用いる7つの確認事項のことです。画像を参考にまとめてみましょう!!





例1「社長室に行きます」

 これだだと少し情報量が欠けていますし、何のために社長室へ行くのか、いつごろ行くのかがわかりません・・・

例2「社長室へ10時ぐらいに私が新商品提案の書類を提出に行きます」

 例2のような文なら社長室に行く目的や誰が行くのかいつ行くのかが明確に出ていますね


このように5W2Hでいつどこで誰が何をどうするのかをまとめることにより的確な情報を伝えることができます。




落ち着いて要点をまとめて情報を明確に


情報を伝えていく中で焦ってしまい情報があいまいになりがちなことありませんか?

私もあわてんぼうなので、よく報告等をするとき焦ってしまって情報がはっきりしないまま報告をしてしまうこともよくありました(汗)


そんな時一度落ち着いて焦らないでなにがあったのかを5W2Hでまとめてはっきりと明確に具体的に伝えていきましょう!!








今日の一句でまとめましたので参考にお使いください


以上事実整理について解説させていただきました。


はじめてのブログで少し緊張しましたが(汗)これからも長田工業所の最新情報を発信していきますので温かい目で見ていただけると嬉しいです!!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!!


次回の更新は8月25日(水)になります!!お楽しみに~!!

35 views0 comments
お問い合わせ